アフィリエイトとは?稼げる仕組みを徹底解説

副業として知名度が急上昇しているアフィリエイト。パソコン一つで稼げるアフィリエイトを一言で説明するとすれば「ネット広告業」と言えます。サイトやブログなどで商品を広告で紹介することで利益を得ることができるからです。
そんなアフィリエイトを始めてみたい!と思うけど、仕組みが分からない、どうして利益が得られるの?という方のために、アフィリエイトの仕組みについて詳しく説明していきたいと思います。

アフィリエイトとは?

アフィリエイトは「ネット広告業」と説明しました。アフィリエイトは自分のサイトに企業の商品やサービスを紹介して、購入してもらったり会員登録してもらうなどの成果に応じて報酬を得られるシステムになっています。
では次に、アフィリエイトの仕組みについて、さらに詳しく説明していきます。

アフィリエイトの仕組み

アフィリエイトは流れとして
1. 自分のサイト・ブログの広告からユーザーが商品などを購入して成約する
2. 広告主は成約データをASPへ送信
3. ASPから報酬支払い
という仕組みになっています。
例えば、薄毛が悩みの人に育毛剤を紹介する、クレジットカードを作りたい人にどれがいいのか比較して紹介するなど、選ぶ商材は様々です。
では、アフィリエイトとして広告を選ぶにはどこから探してきたらいいのでしょうか。ここで出てくるのがASP(Affiliate Service Provider)です。

ASPってなに?

ASPとは、アフィリエイトする広告を取り扱う広告代理店のことです。ASPは様々な企業の商品やサービスのアフィリエイト広告を取り扱っていて、それをアフィリエイターに提供する役割をしています。
アフィリエイターと企業が直接契約するのは手間がかかりますし、管理なども大変です。
その役割を担ってくれるのがASPです。
アフィリエイトをするには、まずはASPに登録して広告を探すことから始めましょう。
まず初めに登録するなら「A8.net」というASPがおすすめです。最大手で、サイトやブログが無くても登録できる唯一のASPです。

こちらの記事を参考にしてください。

【2019年最新版】アフィリエイトでおすすめのASPは10選・登録必須です

サイトとブログはどっちがいい?

はじめはサイトとブログとの違いや、どちらで運用していけばいいのか分からない人が多いです。ここで分かりやすく表を作ってみました。

特化型サイト 雑記ブログ
特徴 あるジャンルの商品について情報を書いてトップページから誘導 商品のレビュー記事や体験談などを更新する、時系列に記事が並ぶ
メリット 情報をいれたらその後の更新は不要、少ない訪問者数で成約することができる 記事を入れ続ければいいので、初心者でもサイト構成を考えなくて済む
デメリット 構成をしっかり考えないと失敗する可能性がある 記事を入れ続けなければ見に来る人が段々少なくなり、売り上げが下がる
向いている人 更新し続けるのが嫌な人、サイトの構成をしっかり考えられる人 更新し続けるのが苦ではない人、ブログで自分の個性を出せる人
難易度 高い 低い

サイトとブログの違いは分かりづらいですが、少しでもイメージは湧きましたか?次に参考サイトを紹介しながら説明します。

サイトとは

参考:iPhone×mineo(http://simfree-smart.com/)
サイトは狙ったジャンルの商品に特化して作ります。売れやすいのはお悩み系の商材です。トップページから各ページに分かりやすく誘導するなど、サイト構成が重要になるので初心者には難易度が高いです。
しかし、最新情報が出れば記事を更新するなどメンテナンスは必要ですが、ある程度情報を入れたら更新し続けなくてよくなります。不労所得になりやすいのはサイトと言えますね。

ブログとは

参考:今日はヒトデ祭りだぞ!(https://www.hitode-festival.com/)
ブログは自分の興味のあるジャンルだったら何を書いてもOKと自由度が高いです。また、サイト構成を考えなくてもひたすら記事を入れ続ければファンがついてアクセスが集めやすいので、初心者には取り組みやすいです。
ただ、更新がストップしてしまえば段々見に来る人が減り、報酬が減ります。更新し続けることが重要になるのがブログです。

アフィリエイトの種類

サイトとブログの違いが分かったところで、続いてはアフィリエイトにはどんな種類があるのかを見ていきましょう。

成果報酬型

「成果報酬型」は、自分のサイトやブログに貼った広告から商品を購入するに至った場合に報酬が支払われます。これはA8.netなどのASPを使って広告を貼らなければいけません。
「成果」の種類も様々で、商品購入のほか資料請求や会員登録で成果が支払われる場合もあります。
サイトアフィリエイトの方が相性はいいですが、クリック課金型で稼ぐことも可能です。また、報酬金額も様々なので、よく考えて選びましょう。

クリック課金型

「クリック型課金」は、広告をクリックするだけで報酬をもらえます。例を挙げるとGoogleアドセンスがあります。
成果報酬型に比べて報酬獲得のハードルが低い反面、報酬単価は低いため大きく稼ぐことはできません。PV数をより稼ぎやすいブログとの相性がいいですが、成果報酬型で稼ぐことも可能です。

アフィリエイトを始めて報酬がもらえるまで

それでは実際にアフィリエイトを始めて報酬をもらうまでの流れを見ていきましょう。

サイトかブログを作る

まずはサイトかブログを作ります。ジャンルやある程度の方向性が決まったら、自分でサーバーをレンタルし、独自ドメインを取得します。そしてこの2つの準備ができたらワードプレスをインストールすることになります。
レンタルサーバーはエックスサーバーかmixhost、ドメインはお名前ドットコムで取得するのがおすすめです。
無料ブログであるはてブや、アメブロでもアフィリエイトをすることは可能です。しかし、稼いでいるアフィリエイターはワードプレスでサイトやブログを作っています。
最初は難しく感じますが、HTMLやCSSといった専門知識がなくても簡単に扱うことができます。ぜひこの機会にチャレンジしてみましょう。

ASPに登録する

サイト・ブログを作ったら、ASPに登録します。A8.netはサイト無しで登録することができるので、まず登録をしてどんな案件があるか見てみましょう。アドセンスなどは記事を少なくとも5記事以上書いてから申請しなければ通過できません。なんでもいいのでまずは書いみましょう。

【2019年最新版】アフィリエイトでおすすめのASPは10選・登録必須です

掲載したい広告を選ぶ

ASPで掲載したい商品を選びます。下はジャンルと、その商品の一例です。

ジャンル 商品
金融 クレジットカード・FX・カードローン・証券
美容 脱毛・エステ・化粧品・ダイエット・ナイトブラ・着圧
恋愛 婚活・出会い系・ブライダル
健康 サプリ・ジム・ホットヨガ
エンタメ VOD・マンガ・本やDVDの買取

この他にもかなり多くの案件がありますが、初心者のうちは稼いでいる人が多いジャンルを選んだほうが無難です。稼げないジャンルでいくら記事を書いても時間の無駄になります。ツイッターなどで情報収集しつつ、慎重にジャンルと商材を選びましょう。
また、もしASPに載っていないようなものを紹介したい場合は、アドセンスを貼りましょう。

記事を書いて商品広告を載せる

ジャンルと商材が決まれば、記事を書きます。特に、自分が体験したことを元に書くレビュー記事は、ユーザーの想像力をかきたてて制約につながることが多くなります。
もし自分の手元に商品がない場合はASPにはセルフバックと言って、自分で購入しても成果とみなされて報酬が入ってくるシステムもあります。これを上手く利用しながら記事を書いてみましょう。

成果が確定・報酬振り込み

自分のサイトから成果が発生したら終わりではありません。実はキャンセルをする人もいるので、きちんと成果が確定してから報酬の振り込みです。前もって振り込み先の銀行口座などをきちんと登録しておきましょう。

月5万以上稼げる?コツは?

アフィリエイトを始める上でまずは突破したい月5万円の壁。アフィリエイトで月5万以上を稼ぐことは十分可能です!ですが簡単なことではありません。
2019年はアフィリエイトで稼ぐことがさらに難しくなっていて、長年アフィリエイターとして活動していた人が続々とやめるという事態が続出しています。
そんな中でアフィリエイトに挑戦することが無謀かというと、そういうわけではありません。きちんとしたジャンル選定、稼げるまであきらめない気持ちがあれば、月5万は遠くはありません。ただし、稼げない時期が少なくて半年~1年あることは覚悟しましょう。
その上で、5万円を達成するのに必要な基本的なコツをお教えします。これを知っているかどうかで5万円への道のりがぐっと近づきます。

需要のあるジャンル・商品を選ぶ

需要があるジャンルを選ばなければまず売れません。「競合が多いレッドオーシャンは避けましょう」という人がいますが、レッドオーシャンに飛び込み、3語以上のキーワードでロングテールを拾うのも手です。例えば脱毛ジャンルや育毛剤のジャンルは競合が多いですがロングテールを拾うとまだまだ稼げます。
穴場のジャンルはツイッターでつぶやいてくれる人もいます。アフィリエイターのツイッターは時々参考程度に見てみると良いでしょう。
また、ASPに登録するとアフィリエイトセミナーのお知らせなどがありますが、そのセミナーで取り上げるようなジャンルは熱いジャンルです。ASPもアフィリエイターが稼いでくれなければ自分たちが困るので、おいしい情報はすぐアフィリエイターに提供してくれます。そういった情報はどんどん食いついてアフィリエイトに役立てましょう。

興味・知識のあるジャンルを選ぶ

いくら稼げるジャンルと言えど、興味や知識のないジャンルでサイトやブログを作ろうとしても長続きしません。アフィリエイトは半年・1年と続けることで徐々に稼げるようになります。まずは続けることが大切です。
また、アフィリエイトサイトは、ある程度深い内容を書かなければ読者はすぐにサイトを離れて、違うサイトへ行ってしまいます。読者の目は厳しいので、求めている内容ではなければ離脱してしまうのです。
そういった意味でも、興味や知識がないジャンルだと、浅くて誰でも書ける・知っている内容しか書けずに空回りして稼げないサイトになってしまいます。

集客しなければ稼げない

アフィリエイトで稼ぐには、まず多くの人がサイトやブログを読んでくれなければ稼げません。
集客にはSEOやSNS、ネット広告など様々ですが、基本はSEOで集客に取り組みます。SEOは「検索エンジン最適化」といって、GoogleやYahooの検索で上位にサイトを上げることを言います。検索してサイトが上位になければ誰も見てくれず、売れないサイトになってしまいます。
まず簡単なSEOのコツは「記事のタイトルにキーワードをしっかり入れる」こと。また、重要なキーワードほど先に入れます。
例えば「脱毛 おすすめ 安い」のようなキーワードで狙うとすると
〇「脱毛でおすすめの安いサロンはここ!誰も知らない穴場こっそり教えます」
×「誰も知らない穴場の脱毛サロン!おすすめできる安いサロンはここだ」

一見×をつけたタイトルでもキーワードはすべて含まれているので良さそうですよね?実は、キーワードで検索してきた読者は、自分が知りたい情報が入っていそうなタイトルを瞬時に判断し、クリックします。普通文章は左から読むので、キーワードはなるべく左に寄せるとユーザーは「自分が読みたい記事だ」と判断してクリックしてくれるようになります。

もちろん狙ったキーワードで検索1位を取るのもすごく大事なことですが、少しでも多くの読者をゲットするためにはタイトルの付け方にもこだわりましょう。

まずは100記事を目標に

初心者のうちは100記事以下のサイトで大きく稼ぐことは無理です。良質な記事を多く入れるほど、グーグルは評価して検索上位に上げてくれます。
SEブロガーとして売上8桁を達成したmanabuさんですら、100記事書いても稼げなかったといいます。(https://manablog.org/affiliate-effort/)
とはいえ、まずは100記事を目標に手を動かしてみましょう。有名なアフィリエイターは誰もが「まずは100記事」と言います。たまに数記事書いただけで30万達成、100万達成などという人が出てきますが、そういう発言に惑わされず愚直に書き続けることが大切です。
アフィリエイトの仕組みを理解したら、この瞬間がアフィリエイターとしてのスタートです。早速レンタルサーバーを契約、ドメイン取得してどんどん記事を書いていきましょう!


期間限定!無料プレゼント中


■こんな方にお役に立ちます。

今回プレゼントさせていただく

「悪用厳禁!心の琴線に触れる900の言葉」は、

・人を動かせる、心に響くような文章をどうすればかけるようになるのか・・・

・ブログやホームページで集客しているけどなかなか結果が出ないで苦労している・・・

・facebookやメルマガなどで情報を発信しているが、反応率がイマイチ・・・

そんな悩みを解決できる内容になっています。


 

ABOUT記事をかいた人

アバター

インターネットビジネスに参入して14年間、SEOを基軸とした中古ドメインでのアフィリエイトが得意。また、脳科学と購買心理学を取入れたセールス手法やライティング手法に関しても情報発信している。趣味はゴルフとウクレレ。好きな食べ物は、カレーとカツオのたたき。